下川歯科医院 | セレック治療

セレックについて
セレック(CEREC)とは、CEramic REConstruction(セラミックによる歯の修復)の略称で、セラミック材料を用いた修復治療を指します。歯科医療の先進国であるドイツで開発されたシステムです。コンピュータを使って作製するので、歯型を取る必要がなく、その場でかぶせ物が作製できるため、治療にかかる所要時間は短時間で、今までのように時間がかかることはことはありません。
3D光学カメラを使用し、歯をスキャンします。わずか数分で歯並びがパソコン上に再現されます。その後はコンピュータの3D画面上にてかぶせ物を設計し、ミリングマシンがデータをもとにかぶせ物を作製します。また、セラミックという優れた歯科材料を使うことで、精密な修復操作が可能となり、むし歯の再発などの再感染を防ぐことができます。
天然の歯に近い色や質感を短時間で再現します
セラミック修復とは、白くて美しい陶材(セラミック)を使った修復治療です。天然の歯に近い、白くて美しい素材であるため、審美性の高い修復処置が可能です。また、歯のエナメル質に近く、硬すぎず、軟らかすぎず、かみ合わせを壊すことがありません。

装着の際には、残った歯質と化学的に結合する「接着」操作が可能であるため、詰め物・被せ物(補綴物)が脱離するリスクも抑えられます。歯との一体感が非常に強い修復治療といえます 。金属を使用しないセラミック修復であれば、金属アレルギーのリスクはゼロとなります。
セラミック治療システム『セレック』のメリット
治療時間が短く、低価格
その場で、設計・加工できるので、通院1日、最短1時間で治療が完了し、光学カメラで口の中をスキャンするため、型どりの必要がありません。そして、従来のセラミック治療に比べ、院内で全工程を完結できるので低価格で治療できます。

アレルギーの心配がなく安心・安全
つめもの、かぶせものは、通常金属が使われていたため、患者様の中には金属アレルギーのために使えない方もいらっしゃいましたが、セレックは陶材ですので、アレルギー症状が出ることがありません。

予防歯科に効果的
セラミックと周囲の歯質との間に隙間が生じにくいという特徴があるため、保険の金属の歯などと比較すると、周りからすき間ができたり、外れたりしてむし歯になるリスクが低いです。

高品質なセラミックブロック
規格生産されたセラミックブロックを使用するため、とても高い耐久性を持ちます。

経済的な価格でセラミック治療ができる
セレック治療ではかぶせ物をその場で作製してしまうため、歯科技工所に依頼することがありません。人件費を削減できるため、リーズナブルにご提供 できるのです。
下川歯科医院へのお問い合わせ
お気軽に以下よりお問い合わせください
TEL 942-53-7720 Mail メールでのお問い合わせ
『セレック』治療の流れ
スキャン(型取り)
歯を削った後、3D光学カメラを使用して、患歯を撮影(スキャン)。わずか数秒の作業で、目の前のモニター上に患部の歯列が再現されます。従来の型どりのような不快感は一切ありません。

修復物設計
モニター上であらゆる角度から、咬み合う部分や形を微調整し理想的な形にしていきます。設計後、様々な色のセラミックブロックから最も適した色のブロックを選びます。

修復物作製
ミリングマシンと呼ばれる機械が、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、精度に優れた修復物を加工・作製していきます。

口腔内セット
削り出されたセラミック修復物を口腔内へセットして完了です。
下川歯科医院 | セレック治療
セレックについて
セレック(CEREC)とは、CEramic REConstruction(セラミックによる歯の修復)の略称で、セラミック材料を用いた修復治療を指します。歯科医療の先進国であるドイツで開発されたシステムです。コンピュータを使って作製するので、歯型を取る必要がなく、その場でかぶせ物が作製できるため、治療にかかる所要時間は短時間で、今までのように時間がかかることはことはありません。
3D光学カメラを使用し、歯をスキャンします。わずか数分で歯並びがパソコン上に再現されます。その後はコンピュータの3D画面上にてかぶせ物を設計し、ミリングマシンがデータをもとにかぶせ物を作製します。また、セラミックという優れた歯科材料を使うことで、精密な修復操作が可能となり、むし歯の再発などの再感染を防ぐことができます。
天然の歯に近い色や質感を短時間で再現します
セラミック修復とは、白くて美しい陶材(セラミック)を使った修復治療です。天然の歯に近い、白くて美しい素材であるため、審美性の高い修復処置が可能です。また、歯のエナメル質に近く、硬すぎず、軟らかすぎず、かみ合わせを壊すことがありません。
装着の際には、残った歯質と化学的に結合する「接着」操作が可能であるため、詰め物・被せ物(補綴物)が脱離するリスクも抑えられます。歯との一体感が非常に強い修復治療といえます 。金属を使用しないセラミック修復であれば、金属アレルギーのリスクはゼロとなります。
セラミック治療システム
『 セレック』のメリット
治療時間が短く、低価格
その場で、設計・加工できるので、通院1日、最短1時間で治療が完了し、光学カメラで口の中をスキャンするため、型どりの必要がありません。そして、従来のセラミック治療に比べ、院内で全工程を完結できるので低価格で治療できます。

アレルギーの心配がなく安心・安全
つめもの、かぶせものは、通常金属が使われていたため、患者様の中には金属アレルギーのために使えない方もいらっしゃいましたが、セレックは陶材ですので、アレルギー症状が出ることがありません。

予防歯科に効果的
セラミックと周囲の歯質との間に隙間が生じにくいという特徴があるため、保険の金属の歯などと比較すると、周りからすき間ができたり、外れたりしてむし歯になるリスクが低いです。

高品質なセラミックブロック
規格生産されたセラミックブロックを使用するため、とても高い耐久性を持ちます。

経済的な価格でセラミック治療ができる
セレック治療ではかぶせ物をその場で作製してしまうため、歯科技工所に依頼することがありません。人件費を削減できるため、リーズナブルにご提供 できるのです。
お電話でのお問合わせ
0942-53-7720
メールでのお問合わせ
お気軽にお尋ねください。
休診日:日・祝日(土曜の診療は午前のみ)
『セレック』治療の流れ
スキャン(型取り)
歯を削った後、3D光学カメラを使用して、患歯を撮影(スキャン)。わずか数秒の作業で、目の前のモニター上に患部の歯列が再現されます。従来の型どりのような不快感は一切ありません。

修復物設計
モニター上であらゆる角度から、咬み合う部分や形を微調整し理想的な形にしていきます。設計後、様々な色のセラミックブロックから最も適した色のブロックを選びます。

修復物作製
ミリングマシンと呼ばれる機械が、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、精度に優れた修復物を加工・作製していきます。

口腔内セット
削り出されたセラミック修復物を口腔内へセットして完了です。